2020年神奈川県共通選抜合格者平均点

神奈川県が今年の入試の合格者平均点を発表しました。

2016~2019年入試と比較してみましょう。

英語 数学 国語 理科 社会 合計
2020 49.4 55.7 69.1 55.9 58.2 288.3
2019 49.8 50.3 59.1 61.3 42.5 263.0
2018 56.1 56.0 65.6 45.3 41.8 264.8
2017 51.9 63.5 73.1 46.9 54.5 289.9
2016 43.0 51.7 64.7 46.5 52.0 257.9

ここ5年間で2017年に次いで易しい入試となりました。

今年はトップ校で特色検査を導入した高校が大幅に増えました。

その影響もあり、全体として易化したと考えられます。

神奈川県入試は大きな変化があった年は易しくなる傾向があります。

例えば2017年入試ではマークシートが導入され記述問題が大幅に減少しました。

その後の2018年入試では2016年並みの難易度になりました。

そう考えると、来年の入試の難易度が今年と同程度となるとは考えにくいです。

新中学3年生の皆さんは油断せず、来年の入試への備えをしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました